難関大模試の活用法について | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 5月 10日 難関大模試の活用法について

こんにちは!

早稲田大学 教育学部 英語英文学科 1年生

の橋本朋樹です!

さて!今週のテーマは難関大、有名大模試の活用法ということでそれについて話していきたいなと思います。

単刀直入に言うとこの模試の難易度は段違いに高いとおもいます。

難関大模試の英語なんかは入試本番の早稲田や上智よりも難しいかもしれません。

それじゃあ受けるだけ無駄なんじゃないか、有名大でもいいんじゃないかと思う生徒もいるとおもいます。

たしかに最初に受けた時は自分も解けなさすぎて受ける意味がないと思っていました。

しかし!

出来ないからと言って受けなかったり、試験の途中に寝たり、適当に記号の部分だけを書くというのは本当に無駄なことです。

これほどハイレベルな文章を授業で先生に教わるわけでもなく、自力で解くしかないという状況を経験しておくことは入試で戦う上でとても大切なことです

これが本番どんなに難しい文章が出ても焦らないための自信となっていくんだ!という意識をもってこれからの何回かの難関大模試を頑張ってみてください!!応援しています!!!

 
 
↓ここからはお知らせです↓
 
◯部活生特別招待講習◯
 
高校3年生でそろそろ予備校入ろうかな、受験勉強始めなきゃな、と考えている皆さん!
今なら無料で東進の講座を体験できます!
 
お申し込みはこちらから!
 
《概要》
お申込み期間:6月30日(土)まで
対象:高校3年生
内容:1講座(90分×5コマ)、高速基礎マスター講座