志望校はいつ頃から考える? | 東進ハイスクール 千歳船橋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2021年 8月 25日 志望校はいつ頃から考える?

こんにちは!千歳船橋校担任助手の大木です。

もう8月が終わりますね。

夏の風物詩である花火や、海水浴をできずにまた今年の夏が終わってしまいそうです…

心残りですが、大学が始まる前の期間で

コロナが少し落ち着いてきたらどこか出かけたいです (´‐`)

 

さて、今日のテーマは「志望校を決める重要性」についてです。

今回は低学年(高2以下)の人向けの内容になります!

 

低学年の皆さん、志望校はもう決まっていますか?

私は高3の6月になってようやく志望校が決まったので、

低学年の頃はかなり悩みながら

色んな大学を調べていました。

 

人生の転機となる大学受験ですので、

自分の勉強したいことがその大学でできるのか、

将来どういう職業に就きたいのか、

校風は自分に合っていそうか…など色々考える必要があります。

 

このようなことを1から考えるとなると、かなりの時間がかかります。

なので、志望校を決めるのは高2が終わるまでにはやっておくと、

受験生になってから将来について考える時間を作る必要がなくなります。

 

最初は自分が大学入ってからやってみたい勉強や、活動について考えてみましょう!

そこから自分がやりたいことができる大学を見つける行程に入ります。

もし校風・キャンパスの雰囲気が気になった場合は

オープンキャンパスに行ってみたり、大学見学するのもいいと思います。

 

大学受験は自分の人生の大きな分岐点となります。

慎重に考えて、自分がやりたいことができる大学を見つけましょう!