模試の復習方法 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 6月 15日 模試の復習方法


こんにちは!

担任助手の新谷彩夏です。

まずはみなさん、全国統一高校生テストお疲れ様でした!

結果はどうでしたか?

4月より上がって嬉しい!下がってどうしたらいいか分からない…など色んな方がいると思います。

しかし気にすべきところはそこではありません!!

今1番やらなければならないのは、

点数の分析&復習

です!

結果が返されるとすぐに目が行くのはやはり科目ごとの点数だと思います。

しかし重要なのは、

どこで点数を落としたのか、逆にどこで点数をとれていたのか

を自分で分析することです。そうすれば自ずと得意な範囲、苦手な範囲が見えてくるはずです。

苦手だと分かった範囲に関しては、どうすれば克服できるのか、克服のために割く時間はどのくらい確保できるか、など細かいところまで計画を立てるようにましょう。

次に行うのは復習です。今まで何度も復習が大切!って言われてきていると思います。

しかし、「じゃあ復習って何をすればいいの?」こう感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は私が受験期に実践していた復習方法を紹介したいと思います。

①間違えた問題を、解説を見る前に解き直す

②解き終わったorどうしても分からなければ解説をみて自分の答えと照らし合わせて理解する

③どのような手順を辿ればその答えを導けるのかを自分なりに考える

④もう一度解説を見ずに解いてみる

ざっくり言うとこのような感じです!

特に重要なのは③④です。ここを飛ばしてしまうと、次に同じような問題が出てきた時に「あれ、理解はしてたけどいざとなるとどうとけばいいか忘れた…」となることがあります。

復習のゴールは理解することではなく自分で解けるようにすることです。

ここを見落とさないようにしましょう!

また、私がおすすめするのは、復習が終わった何週間か後にもう一度解いてみることです。

意外と忘れてる人が多いと思います…

ここで解けたら定着してる証拠なので、自信をもって習得した!と言えます。

最後に言っておきたいのは、復習のやり方は100人いれば100通りあります。

どうすれば解けるようになるか、自分なりに模索して自分だけの復習方法を確率しましょう!

過去の記事