模試の活用方法 三沢ver. | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

2017年 6月 30日 模試の活用方法 三沢ver.

こんにちは!

担任助手の三沢です。

6月の模試が終わりましたね。
みなさんどうでしたか?


点数が良かった人も悪かった人もいたと思いますが、
結果はどうであれ、今回の模試を今後どのように活用できるかで今後の結果も変わってきます!
先を見据えて、復習をしていくようにしましょう!

ということで、
今週のテーマである模試の活用法についてお話していきたいと思います。

特にわたしは英語の復習を重点的に行っていたので、それについてお話しします!

 

①問題の復習をしよう

 <文法問題>

 間違っていた問題、合ってはいたが自信を持って答えられなかった問題をノートに書きためていきましょう。

 これを模試や過去問を解くたびに積み重ねていくと、

 自分だけの問題集を作ることができます!

 わたしはこのノートを模試の前や、本番の試験の前に復習するようにしていました!

 自分の苦手な問題をいっぺんにカバーできるのでおすすめです!

 

 <長文問題>

 知らない単語や熟語を調べ、

 文法事項なども確認した上で音読を繰り返し行いましょう。

 私が受験生の時は1つの長文に30回程度は音読していました。

 (センター試験の模試であれば大問6と大問4のA問題の音読をおすすめします!)

 

②模試の結果を見て分析しよう

 模試を受けたあとに現在の自分が既にできている分野とまだできていない分野を把握することがとても重要になってきます。

 また、模試を何度か受けると自分の得意な大問と苦手な大問がわかってきます。

 (わたしは英語の大問4が苦手でした)

 そういった分析をして今後の学習計画に生かしていくようにしましょう。

 

以上、模試の活用法を紹介しました!

ぜひ参考にしてみてください!

 


ただいま夏期特別招待講習を実施しています!

この夏ライバルと差をつけたいと考えている方、

予備校に通ってみようと思っている方、

ぜひぜひお申し込みください!

千歳船橋校でお待ちしております。

お申込みはコチラ

最新記事一覧

過去の記事