私が東京学芸大学を選んだ理由 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2020年 6月 3日 私が東京学芸大学を選んだ理由

こんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校 担任助手の長谷川です。

 

もう6月ですね。

気付けば夏が近づいてきていることも体感できるほどになってきました!

 

 

今年の夏休みは例年より短くなる学校が大半だと思います。

 

夏休みは時間があるからこそ、

自分の将来について考える機会にもなります。

 

しかし、今年はその時間も十分に取れない!!

ので、今から少しずつ考えていきましょう!

 

 

というわけで

今回のテーマは「私が今通っている大学を選んだ理由」です!

 

皆さんの将来設計に少しでも参考になればうれしいです。

 

大学を選んだ理由

 

私の通っている大学は 東京学芸大学 です。

 

東京学芸大学と聞いてピンときた人もいるかもしれませんが、

私はこの大学で「教師」を目指して勉強しています

 

そうです。

この大学を志望校にした理由は「教師になりたいから」でした。

 

最初に教師という職業に興味を持ち始めたのは中学3年の時でした。

自分の中で小学生の時に出会った恩師の存在が大きい

ということに気づいたことがきっかけです。

 

母親や学校の先生が、専門的に学べる東京学芸大学を紹介してくれたので、

最初は「一応志望校にしておこう」くらいの気持ちでした。

 

しかし、せっかくなので

オープンキャンパスや学園祭に実際足を運んでみたところ、

大学の落ち着いた雰囲気やサークルや部活動に励む学生の姿を見て

「私もこの大学に通ってみたい!」という気持ちが強くなりました。

 

結果、受験が終わるまで東京学芸大学を第一志望校として勉強してきました。

 

入学してみて

 

現在私は東京学芸大学の2年生ですが、

去年1年大学で生活してみて、改めていい大学だと思いました。

 

専門的なことを学べて、

勉強面以外でも学生ひとりひとりが自分のやりたいことを見つけて努力しています。

 

まわりの子が努力している姿を見て、刺激をもらう毎日です!

 

もし東京学芸大学に興味があれば、

校舎に来た際に声をかけてください!

 

 

志望校を決めるにあたって

 

志望校を決めることが難しく感じる人もいるかもしれません。

 

それは無理のないことです。

 

明日起こることもわからないのに、

何年か後の未来なんて想像つきにくいですよね。

 

 

しかし、誰しもが自分の将来について一度は考えなければいけません

 

いつか考えなければいけないのなら、

高校生活の間に決めて、大学生活をより充実したものにしませんか?

 

 

最初は

「ちょっとした興味」

からでいいです。

 

自分が興味を持つもの、熱中できるものを

ひとつひとつ見つめなおしてみましょう

 

 

ある程度大学が見えてきたら

オープンキャンパスや学園祭などの機会に

大学へ足を運んでみることをおすすめします!

 

 

ここではなすことには限りがあるので、

自分の夢や志について悩んでいることがあれば

気軽に声をかけてください!

 

精一杯力になれるようサポートします!

いつでも校舎でお待ちしています!

 

 

この記事を読んで、

自分の将来について見つめ直す時間が「今」から始まってくれていたら嬉しいです。

 

6月21日に全国統一高校生テストが実施されます。

このテストは受験部門と高1,2生部門に分かれており

共通テストに対応しています!

このテストは、

スタートが遅れてしまったという高3生はもちろん

早めのスタートダッシュを切りたい

という高1,2生にもお勧めです!

このテストで自分の実力を知ると同時に

入塾の良いきっかけとなると思います。

 

無料で受験することが出来るのでぜひお申込み下さい!

 

申し込み締め切り日は 6月18日です。

お早めにお申し込み下さい!