英語を伸ばすためには? | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2020年 7月 13日 英語を伸ばすためには?

こんにちは!

担任助手の西村です。

秋学期もオンライン説が出ていて友達作りに不安を感じています。笑

さて、本日のテーマは

「英語の実力を伸ばすためにはどうするべきか」

についてです。

僕の経験からすると英語の上達には2つ必要なことがあります。

1つ目は

基礎(単語・熟語・文法)の徹底

です

言語は、語彙力がないと読むことができないもので

日本語であってもそれは同じです

まず単語の意味を覚えて部分的にでいいから理解し

熟語・文法を覚えることで

文章のつながりを理解できるようになります

東進ハイスクールでは高速基礎マスターで基礎学習を行いますが、

高速基礎マスターも内容は基礎中の基礎で

正直受験をするにあたっては

自分で参考書・テキストを使った学習が必要になります

単語でいうと

ターゲット1900システム英単語などがとっかかりやすくておススメです

熟語は

ターゲット1000解体英熟語が良いと思います

文法書はなんでも良いと思いますが、自分はVintageを使っていました

これら基礎分野は早めに覚えることは当たり前で

覚えたら勉強は終わりで演習に移るのではなく

覚えた後も反復してやってほしいです

自分は受験の直前期でも

1日単語300個、熟語200個、文法書1~2章

を進めるようにしていました

この基礎の反復に加えて演習することが大事になってきます

続いて2つ目は

演習・復習の質です

演習はセンター試験・共通テストの問題を解いたり、私大の問題を解くことが基本的な演習で

これらを解くにあたって必要なポイントがいくつかあるので紹介します

1つ目は

文中で出会ったわからない単語は調べて見返せるようにすること

2つ目は

文の流れを復習の中で把握すること(和訳などを見たりする)

3つ目は

一度の復習で終わりにせず、音読しましょう!

ということです

特に音読は最も大切で

復習をして理解した状態の文章を声に出しながら読んでいくことによって

英文を読むことへの抵抗もなくなり

より理解を深められ

英文読解力・速読力を養うことが出来ます

このように基礎を徹底することと演習をして復習をして英文の理解の質を上げることが

英語の実力を伸ばす鍵だと思います

実際自分の入塾からの1年間でセンター試験の点数が

90点 → 180点 

になったのでやりかたは間違っていないと思います

ただし、これは僕のやり方であって誰にでも当てはまる方法ではないので

参考程度にしてみてください!

————————————————————————————————————————————

ここからはお知らせです。

6月1日から夏期特別招待講習がスタートしました!

今なら最大4講座(1講座:90分授業×5コマ、75,600円相当)を無料で受講して頂けます!!

そろそろ受験勉強を始めなきゃと思っているあなた、

夏こそ周りに差をつけるチャンスです!

ぜひ、東進ハイスクールで一緒に夏を有意義に過ごしましょう!!

<実施概要>

対象:高2生・高1生・高0生(東進生でない方)

       ※高3生は1講座を無料で受講いただけます

申込期間:2019年6月1日(土)〜2019年7月14日(火)

※4講座締め切りが明日に迫っています。(7/15からは3講座でのお申込みになります)

受講料:4講座無料招待(テキスト代込で75,600円相当の授業が無料になります)

お申し込みはこちらから!