いつも通り、全力で | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 12月 11日 いつも通り、全力で

皆さんこんにちは!

最近大学で新しいことをはじめようと思い、ものづくりを主な活動とするサークルを

設立してしまいました、戸井公輝です。

3Dプリンターやレーザーカッター、CNCマイニングについてたくさん話したいところですが、

それはまたの機会に。

 

さて今回のテーマは、「12月センター最終模試に向けて」です。

最終ですって!早いものですねぇ。

僕が受験したころから、かれこれ1年が経とうとしているなんて、

まさに、Time is flying, never to return.という感じです。

この模試にむけての対策を考えてみると

まず、もしやったことがない人がいるならばではありますが、

センターの目標点はちゃんと立てておきましょう。

志望校のラインや、受験の戦略もある程度固まっていると思いますので

大概の人が、センターで何点取るつもりでいるかは決めているのではと思います。

そこでさらに、各科目にその点数を振ってみましょう。

苦手な科目で落とすことを想像し、得意な科目で補う。

そうして目標点を定めたら、あとは準備オッケーです!

 

え、勉強はしないのかって?

そうですね、しいて言うなら、文系の理科基礎や理系の社会科目は

一度思い出しておくといいかもしれませんが、

あとは基本自由です!

以前にもブログに書いたかと思いますが、

僕は模試をあえて対策せずに受けることを推奨しています。

模試は付け焼刃の知識を測る場ではなく、

自分が今本当に知識として備わっているもの

能力として発揮できる力を測るために使うといいのではないでしょうか。

それは最後の模試だからと言って変わることはありません。

いつも通りというわけですね。

むしろその結果から最後の弱点を見つけて

補強することができるというメリットもあります。

おおよそ、この模試を境に最後のセンター対策を始める人が多いと思うので、

ぜひ活用してもらいたいです。

 

ただし!模試の結果に一喜一憂しがちな人は要注意!

間違いはあなたのできないところを教えてくれるためにあるのであって

あなたのことを否定するものではありません。

恐れずに、今の自分と向き合ってみてください。

 

そうそう、模試を受けるときに大尉せつなことはもう一つ

全力で受けることです。

対策はしない分、その時の自分のポテンシャルを

最大限に出す必要があります。

本番の集中力を持たせる練習にもなりますから、

ぜひ惰性でやることなく、全力でぶつかりましょう!

頑張ってください