どこから復習しようか | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2020年 6月 26日 どこから復習しようか

皆さんこんにちは!千歳船橋校担任助手の菅原です。

そろそろ全国統一高校生テストから一週間が経とうとしています。復習はしましたか?

今回のテーマも模試の振り返りと復習方法です。

自分でやり忘れているところがあったら参考にしてみてください。

 

 

模試の振り返りとして、自分のミスに優先順位をつけることをおすすめします。

偏見かもですが、模試の復習に悩む人は何からやればいいのかがわからない人だと思います。

ここに優先順位の例を挙げると、

習ったのに間違えたやつ(単語レベルでも、範囲的な意味でも)

見たことのないような単語、熟語

習っていない範囲の問題(社会、理科系の問題に多いかも)

みたいな感じです。(人によって違うかもなんであくまで参考程度に)

 

次に①~③の復習方法を順に言っていきます。

①は反省すべき間違いです。もしかすると同じ難易度の単語や同じ範囲の内容も

頭に入りきっていない可能性があります。

このような場合には間違ったものだけでなく、それに関連する箇所も見直すことを勧めます。

 

②はとりあえず調べてみましょう。このような間違いはいかに自分の知識として残せるかが重要です。

ぼくは②の間違いのためのノートを作っていました。模試以外でも使えますよ。

 

③は上に書いた通り社会や理科系の科目に多いケースです。

深く調べようとするとドツボにはまるので気を付けましょう。

僕は「見たことがある」を自分の中に残せればいいと思っていたので解説を読むだけで済ませてました、

 

また、数学に関しては計算ミス一つ一つよりも大問丸々1つの流れを確認してください

国立二次や私立の入試では大問1つを自分で考えて記述する必要があります。

そのため、間違えたところだけ見るというよりはすべての大問を自分でやってみるということが重要で、

さらに大問の最後の問題が解けるようになるのもこの復習方法がいいかなと思います。

 

復習はなにも模試だけの話ではなく、日々の演習にもついて回るものです。

ここまで説明してきたものや他の東進の先生方の復習方法を参考にしながら、

楽に逃げず、自分のこれだと思う方法も見つけてください!

 

ここからはお知らせです。

6月1日から夏期特別招待講習がスタートしました!

今なら最大4講座(1講座:90分授業×5コマ、75,600円相当)を無料で受講して頂けます!!

そろそろ受験勉強を始めなきゃと思っているあなた、

夏こそ周りに差をつけるチャンスです!

ぜひ、東進ハイスクールで一緒に夏を有意義に過ごしましょう!!

<実施概要>

対象:高2生・高1生・高0生(東進生でない方)

             ※高3生は1講座を無料で受講いただけます

申込期間:2019年6月1日(土)〜2019年7月14日(火)

受講料:4講座無料招待(テキスト代込で75,600円相当の授業が無料になります)

お申し込みはこちらから!