受験ミニテクニック(センター試験編) | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 1月 17日 受験ミニテクニック(センター試験編)

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の徳満瑛大です。

僕は今東京工業大学理学院数学系数学コースに通っています!

 

ずっと先に思えていたセンター試験が2日後に迫りました。

みなさん、自分が思う最善を尽くしてきてください。

 

今日は本番で活用できるかもしれない受験の話を紹介します!

普通に受験する分には必要ないものですが、

当日のコンディションが悪い時こそ大事になるかもしれません。

 

重要なポイントは、

迷ったら試験監督に聞く

ということです。

 

緊張している状態だと、精神的・身体的な負担が増えています。

その結果、いつも以上に不足の事態が起こりやすい環境になっているはずです。

少しでも試験の時に気になることがでてきた時は、ダメもとでもいいから質問してみましょう。

 

僕が知っているだけでも、以下のような例を知っています。

・試験前に目薬を置いていいか確認し、試験中の許可を得られた

・試験中にトイレに行って、戻ってきた後も解答を続けることができた

また、リスニングは会場によっては毎年機会不具合で再試験になる会場があります。

それも、試験監督に確認したからこそ発覚したものです。

 

聞くという行為自体緊張はするかもしれません。

しかし、ダメと言われた時でも実際は失うものは何もありません。

少しでも最善をつくすという意味で、何かあったら聞くようにしましょう。

 

それ以外だと、

理科や社会を2科目受ける場合は、間の休み時間はありますが、

冊子が一つになっているため

前の試験の際に次に受ける試験の問題を見ることができます

なので、第一解答科目を解き終わり、見直しも何度も終えたら次の科目の問題を確認しましょう。

時間制約が厳しい科目では差がでるかもしれません。

 

以上です。

みなさんの受験を心から応援してます!

 

ここからはお知らせです!

東進ハイスクール千歳船橋校は本物の努力ができる環境で皆さんをお待ちしています!

一度校舎にきてみてください!