迫る!!同日体験受験 | 東進ハイスクール 千歳船橋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 11日 迫る!!同日体験受験

こんにちは!

担任助手の髙島です。

遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます。

年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私はクリスマスに高熱が出て

12月31日まで家に籠っていました。

抗体検査は陰性でしたが、

気持ちは完全に陽性でしたし、

症状も陽性だと思います。

東進生の皆さん

体調には気を付けましょう。

「え、いきなり?」というタイミングで

ウイルスは襲ってきます…

さて、今回のテーマは

「共通テスト同日体験受験」

です!

「1年前の模試の結果で

本番の合否がほぼ決まっている」

と言われて

信じられますか?

東進に限らず

多くの予備校で言われています。

入学の時に話されることが多いので

「セールストークでしょ(笑)」

多くの人が思うはずです。

私もそう思っていました。

ですが、

東進で4年ほど働いて体感したことに加えて

日頃から目にするデータから、

1年前の結果で合否がほぼ決まるというのは

「事実」だと痛感しています。

言い方を変えてみましょう。

「1年前で模試で8割取れていたから

本番は早稲田に受かった」

この言い方だと、

「超難関大学である早稲田大学に受かるんだから

1年前に取れていて当たり前だよな」

と思う人が多いはずです。

にもかかわらず、

視点を変えるだけで

「おおげさ」と思われてしまうのです。

何が言いたいかというと、

今回の同日体験受験

なるべく高い点数を目指しましょう!

ということです。

1年前の点数は

そのまま1年後の合否となります。

今回低い点数なのに

早慶上理GMARCHを目指すのは

無理ではありませんが、

「逆転合格」に分類されてしまうのです!

逆転ではなく「順当」に

受験を進められるように

1日30分でもいいので

勉強時間を伸ばしてみませんか?

それでは!


ただいま千歳船橋校では

共通テスト同日体験受験のお申込みを受け付けております。

こちらの模試では、1/14,15の共通テストと同じ日に

同じ問題を解くことができます。

1年後を見据えて共通テストを体験しておきたい高2生も

力試しがしたい高1生も

本番のような緊張感の中で自分の実力を確認できる良い機会です。

ぜひお申し込みください!

 

申し込み締め切り:1/12(木)

 

 

 

過去の記事