大予想!平成の次の年号! | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 2月 27日 大予想!平成の次の年号!

皆さんこんにちは!東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の加藤です。

現在中央大学文学部の二年生です。

担任助手の元号予測という何とも生産性のなさそうなブログに付き合っていただいてありがとうございます。今回のテーマに限らずなのですが、気分転換程度にこのブログを見ていただけると幸いです。

ズバリ私の次の元号予想は「寧冠」です。それっぽくないですか??

まあ予想に理由なんてないんですけど、意外と元号って繰り返し同じ漢字が使われているんですね。文や元や保や政などは多く使われてきました。今回の予想はあえて使われていない且つそれっぽい漢字を選んでみました。

そもそも最初の元号「大化」が制定された西暦645年(ご存知大化の改新)以降に、250の元号が日本で制定されている。南北朝時代には日本に元号が複数存在したこともあるが、基本的に政権下に一つ存在している。

どういうときに元号が変わるのでしょうか?

近現代の明治以降は天皇が亡くなるごとに年号を変えていましたが、かつては革命などの不吉なことが起きるたびに変えていました。

平成の場合は特殊で、天皇が生前退位で元号が変わるという新ケースなので新しい漢字なんじゃないかという予想ですね(笑)

これ難しいですよ(笑)全く読めないですからね(笑)

皆さんも時間があればぜひ会話の種にでも!

さてここからはお知らせです。

東進ハイスクール千歳船橋校では現在、新年度特別招待講習のお申込みを受け付けています。

学年が上がる前に何とかしたい!

ちょっと頑張ってみようかな!と思っている方、

ぜひ1度校舎に足を運んでみてください。

みなさんと年の近いスタッフが皆さんのご来校を心からお待ちしております。

気になった方は下のバナーをクリック!!