大学に入ったあの頃 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 4月 1日 大学に入ったあの頃

みなさんこんにちは!

伝説のロックバンド”QUEEN”のドキュメンタル映画「ボヘミアン・ラプソディ」を4回見た千歳船橋校担任助手。加藤です。

今日から4月ですね。学年が切り替わり、新しい生活が始まるという人も多いと思います。受験を終えた生徒もいよいよ大学生。大学生活が不安だという声を聴くことも多々ありますがきっとうまくいきますよ!自分次第なところもありますが(笑)

もう2年前になりますが自分も大学の最初の頃を思い出します。大学がどんなところかもわかってないので最初は学科内に友達を作ることにしました。はじめ話しかけられてからは積極的に他の人にも話か開けるようになり、学科の友達まとめ上げて食堂に通っていたのが懐かしいです(笑)

1年目は必修で学科の友達に会うことが多いのでかなり仲良くなれました。

自分は学科の友達で満足してしまい最初はサークルには入らなかったのですが、やはりいろんな環境に飛び込むのは大事だと思うので最初にサークルを見てみるのもいいかもしれません。

1年目は授業も早い時間からあり(それでも高校よりは遅い)、通うのが大変でしたが皆さんも中学や高校で経験している通り、慣れれば余裕です(笑)

まあああ余裕ではないかもしれないですが、まあこれから4年間も通うわけですからせっかくならいろんなことをしようとわくわくしていました

童心に帰って学校探検なんかもしましたよ!

なんせ自分の大学は敷地内で山登りが出来ますから(笑)

とにかくこれから始まる皆さんにこの言葉を!

「やったことを後悔するよりもやらなかった事を後悔すべき」

是非楽しんでください!

過去の記事