大学は「世界」が変わる | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 4月 2日 大学は「世界」が変わる

こんにちは!平成も残りわずかなので、「平成ヒット懐メロ」を聴きまくってる担任助手、高橋賢です。

一昔前のヒット曲って、なんだか心にしみる名曲多く感じますよね。

僕は今東京工業大学情報理工学院に通っています。

今でこそ情報系に興味をもって日々勉強していますが、僕は入学当時(受験当時)物理学科志望でした。

 

大学受験の時、高校の物理の先生と東進の苑田先生の授業が大好きで、物理の面白さにハマっていきました。

そんなとき、物理学科へ行きたいと

いう決心をしたのは

シュレディンガーの猫

光子の二重スリット実験

です。

 

 

こういった直感的に把握できない事象に面白さを感じて、物理学科への進学を志望します。

しかし東工大に入学してすぐ、僕は「情報」という、高校までは触れたこともない分野に触れることになります。

iphoneが誕生したのが2007年、日本に普及してきたのがちょうど僕が高校生なるころでした。

それから10年も経たずして世界を席巻したApple社を見て、僕はITに無限の可能性を感じて情報科学科へと進学し、現在も勉強を続けています。

 

あなたも、大学へ入ったら新しい環境や刺激がたくさん待っています。夢は変われど、自分がしたい事へまっすぐ向かう力は必要です。

大学受験においても、受験を精一杯頑張れるモチベーションを自分の中で作って頑張りましょう!