対策は復習のつもりで | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2021年 1月 7日 対策は復習のつもりで

寝ているの男性のイラスト(睡眠)

 

こんにちは。千歳船橋校担任助手1年の菅原です。

僕は緊急事態宣言(長いので僕はエマ宣と呼んでいます)が発令され、

サークルがなくなることを見越してジムに入会しました。バリバリ運動します!

みなさんも運動しなくなると体がすごいことになるんで勉強の合間に

ストレッチなどをすることをお勧めします。

 

さて、今回のテーマも引き続き「本番前に気を付けること」です。

ここでは共通テストを本番として呼称します。

共通テストまであと1週間とちょっとになりました。ドッキドキですね。

僕からは1/16までの勉強で意識してほしいことと、テストの前日、当日に気を付けてほしいこと

2つを話せていければいいなと思っています。

まず、当日までの勉強についてですが、

僕が伝えたいのは 共通テスト対策=復習 という意識を持ってほしいということです。

これまで共通テストの予想問題などを解き、自身の志望校対策をしてきたみなさんにとって、

共通テストの問題で出るであろうことや、形式がどのようなものなのかは

既知であるはずです。むしろそうでなければだいぶ心配になります。

今回が1回目ということもありなかなか予想ができない部分もありますが、

みなさんが勉強してきた範囲のものから出題されることは確実です。

なので対策するときには自分の中の知識の整理や復習、

または問題演習をたくさんやって間隔を戻すことを意識して勉強してください。

もう一つの前日、当日に気を付けてほしいことについてですが、

自分の実力が一番発揮できることを前日などにしてください!

僕の場合は前日に受験科目すべてが9割になるまで勉強を続けることで

自分で安堵感を生み出し、すごく早く寝ました。あとカイジもみました。

自身と緊張とリラックスがバランスよくあると実力は発揮されやすい気がします。

 

共通テストの差は学力の差よりも自分の実力をどれだけ発揮できたか

によって左右されます。全力で2日間頑張れるようにそれ相応の準備を進めていってください!

応援してます!!

 


 

東進ハイスクールでは現在

共通テスト同日体験模試の申し込みを受け付けています!

この模試では受験生が本番で解く問題と同じ問題を

実際に会場で解くことが出来る

滅多に機会のない特別な模試です!

また、同日体験受験を受けることは受験をするにあたってとても大切です!

入試1年前の基礎学力を測っておくことによって

その後の長期計画を立てることや

自己分析の1つの資料としてとても役立ちます!

今回の模試では

①受験後に各教科の解説授業を受けることが出来る

②成績帳票を基に受験を直近で体験した担任助手がアドバイスをしてくれる

など

受験後のアフターフォローも充実しています!!

この機会に受験勉強のスタートダッシュを切りたい新高3の皆さんはもちろん

早い段階でスタートを切って頑張りたい新高2生の皆さんなど

興味があるという人、実際に受験してみたいという人は

下の画像をタップしてお申込み下さい!

お申し込み締め切りは1/14(木までとなっているのでお早めに申し込み下さい!

※ここで注意点です。

現在東進ハイスクール千歳船橋校ではありがたいことにたくさんのお申し込みをいただいており

千歳船橋校での座席が満席となっております。

そのため、今後お申し込みの方に関しましては、

青山学院大学相模原キャンパスに受験会場を設けて模試を実施し

受験後のアフターフォローを千歳船橋校で実施する

という形をとらせていただくことになりますのでご了承ください。

 

共通テスト同日体験受験 詳細

模試申し込み締め切り:1月14日

模試当日:1月16日 英語+文系科目

     1月17日 理系科目

当日実施校舎:千歳船橋校(満席のため申し込み不可)

       青山学院大学相模原キャンパス(申し込み可)

 

お申し込みはこちらから!!

↓↓↓

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事