本番やらかしてしまった時の切り返し方。 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 12月 19日 本番やらかしてしまった時の切り返し方。

こんにちは!!

担任助手の橋本です。

今日のブログでは本番でやらかしてしまった時の切り返し方について書いていこうと思います。

僕の場合は私大専願だったので私立の事だけにしか触れられませんが、一応という事で僕が本番やらかしたなーと、思った時のことについて

受験初日、僕は上智大学を受験していました。

英語の解答用紙が配られた時、大問の数が11までありました。

まあ正直終わったなと思いました。(笑)

解き始める前から分かっていたのですがやはり解き終わらず。焦って時間配分もミスしてしまい、勘で埋めることすらも出来ず放心状態になっていました。

自分はこの日この時まで、私立文系なんだから英語さえできれば受かると思っていました。

それもあって受験初日の一限目から英語でやらかしてしまったことは僕にとって最悪手でした。

そんな時皆さんも聞いたことのあるようなある言葉を思い出しました。

“受験は総合力の勝負”という言葉です。

私立文系である人はこの言葉、英語だけが重要なんだといって軽く聞き流してしまいがちですよね。

僕もそうでした。(笑)

しかしながらこの言葉を信じて2限以降の科目を切り替えて臨んだ結果、国語と日本史がめちゃくちゃできたこともあり無事初日の合格を勝ち取ることができました。

受験は一発勝負です。