模試が悪かったときこそするべきこととは…?? | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 9月 14日 模試が悪かったときこそするべきこととは…??

 

 

ブログをご覧のみなさん、こんにちは!
千歳船橋校担任助手の大嶋です(*^^*)私はいま、明治大学法学部法律学科に通っています。


9月の中旬、学校も始まり、ペースがつかめていますか?

正直うーーん、、、という人が多いのではないでしょうか?

 

かくいう私も去年の今頃、やらなくてはならないことが山のようにあることに焦り、押しつぶされそうになっていました(笑)


そんな状態の時に模試などがあったらもう体力的にも精神的にも最悪ですよね(笑)


ということで今週のテーマは

「模試の結果が納得いかない、そんなときは…?」

です!!



模試は現在の自分の実力を知る、身体でいったら健康診断のようなものです。
だから受けるたびに、自分自身の苦手を知り、その穴を埋めていけば良いのです!


とはいっても悪い結果だとなかなか立ち直れなかったり、自分はダメだ…入試に間に合わないのではないか…と不安になってしまうのは当然のことです。

 

でも、悪かった時こそ

結果をしっかりと分析すること

が大切だと私は思っています。


下の写真は私が去年の8月センター試験本番レベル模試の終わった次の日に結果を分析したものです。

細かすぎて見えるか微妙ですが(笑)


夏の間、センター試験の過去問10年分×2周、大問分野別演習などやるべきことはやっていたにもかかわらず、模試に結果としてはあらわれませんでした…
そのときもちろん焦りもありましたが、担任の先生に分析することを勧められ、どうせやるなら軽く分析するだけじゃなくて一度しっかり分析してみよう、と思い過去に受けたセンター試験本番レベル模試の問題と結果帳票を引っ張りだしてきて、真剣に分析をしたのを覚えています。


分析してみると、自分ではやるべきことはすべてやったと思っていたのに、意外とまだまだあったということ、問題用紙の使い方が下手すぎたことなどが分かりました。

そして、この分析をきっかけに秋以降にやるべきことをしっかり決めることができました!

模試の復習はするけど、分析はしたことないな…と思ったみなさん!
次の模試からでもいいので、一度自分の模試結果と真剣に向き合ってみてください(^ ^)
きっと、色々なものがみえてきますよ!

 

ここからはお知らせです。
現在、千歳船橋校では体験授業をうけつけています。
2学期になって周りの子たちに置いていかれないか心配…
部活や学校行事と両立できる予備校ないかな…
と思っている皆さん!!
ぜひ一度、千歳船橋校に足を運んでみてください!!

スタッフ一同お待ちしております!