話せる英語力をつけよう! | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 10月 5日 話せる英語力をつけよう!

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の徳満瑛大です。

僕は今、東京工業大学理学院数学系数学コースに通っています!大学院2年生です。

 

受験生のみなさんのうちほとんどは、英語の勉強に力を入れていると思います。

なぜかというと、受験において英語という科目は重要度が高いからです。

文系理系関係なく多くの学部で必須の科目であり、配点が大きく苦手なままでは合格が難しいと思います。

 

何故これほど英語が重要視されているかは、

グローバル化が進んで英語を使う機会が増えるということは良く聞くと思います。

 

ただ、ここで質問ですが

「自分が英語を話して仕事をしている」明確なイメージが持てていますか?

「受験が終わっていも話す英語力をつけるために努力する」モチベーションや危機感がありますか?

どちらも、強くはないと思います。

重要というのは言われていても、今過ごしている環境で必要性は感じられにくいのではないでしょうか。

 

今日は少しでも将来の自分の英語力について考えてもらえたらと思います!

 

英語が求められている理由の基盤にあるのは、やはりグローバル化です。

経済も情報もグローバル化が今後も加速していくと言われています。

働く時に海外に行く場合はもちろんですが、日本にいる場合でも海外の方が会社の中に多くいて、

いろんな基準がグローバル基準になります。

そうなった時に英語ができないだけで社会の基準に達することができなくなってしまいます。

ひと昔前までは、「英語ができたらすごい!」という感覚でしたが、

今では「英語ができないのはまずい!」という状況です。

 

みなさんの価値観の中で、

「決められてはないけれど〇〇するのが基準」というものがあると思います。

例えば、高校生のみなさんは、

「義務教育ではないけれど高校に通うのが基準」という人も多いのではないでしょうか。

そういう感覚の一つに「英語が話せるのが基準」という時代が来ます。

 

ただ、それでも「英語を使わない仕事はたくさんある」という方も多いと思います。

その通りです。ただし、今は。

グローバル化が進んでることを基盤にして、英語が求められている理由は

「人口減少とIT革新」

です。

日本は少子高齢化が今後も進みます。

そうなると、国内の働く人が足りなくなります。

そこで海外から人を集めて国内に働く外国の方が増えることによって英語を使う機会が増えるのもあります。

しかし、それだけでは人が足りません。

そこで、今進んでいるAIなどの技術を応用して自動化できる仕事をどんどん機械に任せていくことになります。

よく人間の仕事がなくなるという話を聞くと思います。

確かに、なくなる仕事もあるかもしれません。

ただし、人手不足がなくなるのはもっと先の話です。

自動化が進むと何がおこるかというと、

「人にしかできない仕事」が残るようになります。

「人にしかできない仕事」は、どんな仕事でしょうか?

一言で言うと、「人と関わる仕事」です。

時代が進むにつれて、よりコミュニケーションが重視される仕事をすることになります。

そこで英語が必要になるのです。

 

長々と書きましたがまとめると、

➀グローバル化が進み英語が必要になる場面が増える

②英語が不要な仕事ほど機械に任せることによって無くなっていく

 

ということです。

 

将来、社会人として活躍するためにも話せる英語力をつけてください!