過去問をやる意味 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2020年 8月 19日 過去問をやる意味

こんにちは!東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の大嶋です!

私は明治大学法学部に通っています!

 

毎日暑いですね…

水分補給をしっかりして、栄養もとって、夏バテしないように気をつけましょう。

 

さて、今日のテーマは

「過去問をやる意味」

です。

 

①自分の今の実力と志望校との差を知る

 

過去問がなかなか進まない、やりたくない、という人がよく言うのは、

「今自分がやってもできるわけない」

「もっと実力がついてからやりたい」

ということです。

果たしてそれで良いのでしょうか。

 

今やってできるわけない

入試まであと約半年あるのだからまだ完璧にできないのは当然です。

 

もっと実力がついてからやりたい

では、いつになったら実力がつくのですか?

そもそも100%完璧な実力をつけるなんてできません。

ある程度まで仕上がったと思ったら、

あるいは時期がきたら

過去問を解き、今の実力と本番で取らなければならない点数との乖離を知るべきです。

 

②傾向を知る

 

いくら実力があってもその大学でどのような問題が出るのか、

特徴的な問題はあるのか、

などを知らなければ合格することは難しいです。

傾向を知るためには少なくとも5年分の演習が必要で、

傾向を知るだけで終わらせてはいけません。

傾向を知ったら、それに対して、どのようなアプローチをしたらより高得点が狙えるのかを考え、

それに応じた学習をする必要があります。

 

 

私は以上の2つが、過去問をやる意味の代表的なものかな、と思っています。

やりたくない、と思っている人も、これを機にとりあえず1回やってみてください。

 

ここからはお知らせです!

東進ハイスクール千歳船橋校では

受験勉強を頑張りたい高校1,2年生のために

夏の5日間体験を行っています!

この5日間体験では映像授業を5コマ無料で体験出来ます!

(高3生は体験授業をお申込みいただくと1日のみ体験することが出来ます)

また、この体験期間では東進の映像授業の中から

自分の好きな授業を1つ選んで受講することが出来ます!

申し込み方法は2つあり

①電話での申し込み

千歳船橋校電話番号 03-5426-1250

②東進ドットコムもしくはこのHPからのネット申し込み

東進ドットコムからお申込みの場合は

東進ドットコムの体験授業で体験校舎を千歳船橋校に設定の上お申込み下さい

このHPからお申し込みの場合は

下部の画像をタップしてもらうと申し込み手続きが出来ます

お申込み締め切り日は8月26日(水)となっておりますので早めにお申込みください!

早くからスタートを切りたい高校生の皆さん

一緒に千歳船橋校で頑張ってみませんか?

お申込みはこちらから!!

 

 

↓↓↓