過去問演習の重要性 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2020年 8月 21日 過去問演習の重要性

 

こんにちは。東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の川島です。

今日のテーマは「過去問の重要性」です。

過去問演習の意義は大きく2つあると思います。

①レベルに慣れる

例えば陸上競技で1500mを5分で走りたい人が毎日ジョギングをしていても一生そこには到達しません。1500mを5分で走るには1000mを3分20秒で走らなければなりません。まずは練習でそのスピードを体感するはずです。

ある目標があり、レベルが決まっているのであればそのレベルの練習をしなければ本番結果は出せません。

過去問演習を繰り返すことによって自分が解かなければならないレベルに慣れましょう。

②傾向に慣れる

私は早稲田大学スポーツ科学部の受験をしました。早稲田大学には正誤問題と呼ばれる文法問題の中で特に難しい形式の対策をしました。最初は5問中2問ほどしか正解できなかったのですが、正誤問題の対策を計2000問くらい実行し、本番はその部分は満点を取ることができました。

慶應義塾大学経済学部は記述式の問題が出題されます。またただの英作文ではなく、前に出題されている長文から文章を引用しなければなりません。そのため長文を読んでいる最中にあらかじめ英作文で使いたい文章に線を引っ張ります。

このように大学によって問題の傾向は全く異なります。

傾向を知り、そのために演習を繰り返しできるようにしたり、問題の解き方を工夫したりする必要があります。

 

 

————————————————————————————————————————-

ここからはお知らせです!

東進ハイスクール千歳船橋校では

受験勉強を頑張りたい高校1,2年生のために

夏の5日間体験を行っています!

この5日間体験では映像授業を5コマ無料で体験出来ます!

(高3生は体験授業をお申込みいただくと1日のみ体験することが出来ます)

また、この体験期間では東進の映像授業の中から

自分の好きな授業を1つ選んで受講することが出来ます!

申し込み方法は2つあり

 

①電話での申し込み

千歳船橋校電話番号 03-5426-1250

 

東進ドットコムもしくはこのHPからのネット申し込み

東進ドットコムからお申込みの場合は

東進ドットコムの体験授業で体験校舎を千歳船橋校に設定の上お申込み下さい

このHPからお申し込みの場合は

下部の画像をタップしてもらうと申し込み手続きが出来ます

お申込み締め切り日は8月26日(水)となっておりますので早めにお申込みください!

早くからスタートを切りたい高校生の皆さん

一緒に千歳船橋校で頑張ってみませんか?

お申込みはこちらから!!

 

 

↓↓↓