過去問2周目ってやる意味あるの? | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 12月 3日 過去問2周目ってやる意味あるの?

こんにちは!

千歳船橋校担任助手3年の三沢です!

 

今日のテーマは

「過去問の2周目のやり方」

です!

 

「過去問の2周目ってやる意味あるんですか~?」

これは毎年毎年生徒から聞かれます。

もう嫌になるくらいに。みんな聞いてきます。(笑)

 

では実際やる意味はあるのか??

わたしの経験上、

やる意味はあります!!!

 

ではどうしてやる意味があるのか。

それは自分が1周目より解けるようになっているという事実に

自信を持つことができるからです!

また、今後の勉強の方向性を決める指針になるからです!

 

過去問を1周目やると

自分に足りていない知識や手をつけられていない箇所が

洗い出されます。

 

私の場合は世界史の地図問題や古文知識、

文学史などの知識が足りていないということが過去問1周目でわかりました。

 

それを機に足りていない知識を集中的に

学習したことで

過去問2周目を行ったときには

前回取れていなかった問題を落とさないようになりました!

 

このように過去問1周目の反省をその後の学習に生かすことが出来ている人は

2周目で前回落としていた問題を落とさなくなるのです。

 

そして2周目で気にしてほしいことは

合格可能性を最大にするには今何をすべきかを考え直すこと

 

2周目ではほとんどの人が1周目よりも点数が取れるようになっているかと思います!

じゃあ合格の可能性を最大限にするには

今後何をしていくべきなのか??

 

まだ知識を入れた方がいいのか?

それとも苦手な大問の類題演習をするべきか?

 

限られた時間で一番点数を伸ばす方法を考えてみてください!!


ここからはお知らせです!

ただいま東進ハイスクールでは、

冬期特別招待講習を受け付けております。

冬季招待講習期間は、

東進自慢の講師陣の授業を無料で受けることができます!

詳細は千歳船橋校HPの「校舎からのお知らせ」にございますのでぜひご覧下さい。

3講座受講のお申込期限は12月11日です。

11月20日から受付を開始致しますので是非ご検討ください。