きたる・・・難関大・有名大本番レベル記述模試 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 5月 7日 きたる・・・難関大・有名大本番レベル記述模試

こんにちは!東進ハイスクール千歳船橋校の加藤です。

気温も上がって、もはや夏の兆しが見え始めています。

さて、今週のテーマは2つの難関大・有名大本番レベル記述模試についてです。

自分が生徒時代に受けていたのは難関大模試だったのですが、もうとにかく難しかった印象しかありません…当時はメンタルをぼこぼこにされていました。初めて受けるときは強烈かもしれません。しかし、国公立を受ける人たち、特に早慶や理科大のような最上位の学校を受ける人にとっては、そもそも本番はマークじゃないんです。 この時期はどうしてもセンター形式ばかりだなので、記述式の経験が積めるのは魅力的だと思います。プロの先生に採点してもらえる記述式の機会貴重な機会だと自分は思います。マークじゃないので曖昧な知識だと全く役に立たず、そのおかげでやるべき分野が明確になるはずです。 

難しい模試かもしれませんが、結果や判定はともかく、慣れない記述に立ち向かうことに意味があると思います。そして模試を受けた後は、自分のできない分野はどこなのかなど、分からないことを明確に分析し、どうしたら克服できるかを考えるようにしてください。それが模試の一番の活用法だと思います。

 

↓ここからはお知らせです↓
 
◯部活生特別招待講習◯
 
高校3年生でそろそろ予備校入ろうかな、受験勉強始めなきゃな、と考えている皆さん!
今なら無料で東進の講座を体験できます!
 
お申し込みはこちらから!
 
《概要》
お申込み期間:6月30日(土)まで
対象:高校3年生
内容:1講座(90分×5コマ)、高速基礎マスター講座
 

最新記事一覧

過去の記事