ちとふな担任助手の夏とは?! | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 8月 3日 ちとふな担任助手の夏とは?!

こんにちは!!

 

東進ハイスクール千歳船橋校 担任助手の高橋雅史です。

上智大学理工学部機能創造理工学科に通っています!

 

 

 

連日の猛暑ですが、皆さん、体調はいかがでしょう?

 

 

ことしは30年に1度の暑さらしいです。

 

 

それにしても、「〇〇年に一度の△△」、最近よく耳にしますね。

 

 

2011年の震災以降、この表現を多用するようになったような気がします。

 

 

一方で、「人生に4度ある大学生の夏」の3回目を僕は迎えるわけです。

 

 

 

東進生、もしくは東進に来たことある皆さんに分かりやすく、この夏をどんな夏にする計画かをお伝え出来たらなと思います!

 

 

 

多分皆さんが一番身近な大学生という存在である、担任助手の夏はどんなものなのでしょうか?

 

 

インターンシップ

 

 

大学3年の夏といえば、「インターンシップ」ですね!

 

 

正直、周りはほぼ慣例的に参加している印象です。

 

 

これはもともと、ざっくり言えば「学生の身分からいきなり就職するとギャップがありすぎる」ので始まったものです。

 

 

僕も今年、何社か応募しました。

 

 

幸い、僕はだれでも聞いたことあるような自動車メーカーに受け入れていただけました。

 

 

この夏、大学で学んだ知識をもとに、新たな刺激を受けてきたいと思います。

 

 

大学院の入試対策

 

 

大学でも授業が始まれば、日々の課題や試験勉強などに追われます。

 

 

自分がやりたい勉強が全部できないという状況は高校生の時と変わりません。

 

 

 

昨日8月2日に、校舎で担任助手HRとして、模擬授業という形で大学で僕自身が学んでいることを千歳船橋校に通ってくれているみんなには紹介しました。

 

 

(「千歳船橋校の生徒だけど見れなかった」「東進生じゃないけど見たい!!」という人は気軽に校舎に来て、受付に声をかけてください!)

 

 

 

模擬授業でも言いましたが、僕は大学院に行きたいという夢があります。

 

 

 

あくまで東進のスタッフという以前に、一人の高校生経験者・現役大学生という立場での意見ですが…

残念ながら大学の世界には、東進のような素晴らしいコンテンツはありません。

※東進ビジネススクールを除く

 

 

 

 

本当に、東進の先生方の分かりやすい授業を受講したいです…

数学計算演習(大学編)でラプラス変換やフーリエ変換をガツガツと演習したいです…ないけど

あわよくば、過去問演習講座でどんどんと受験校の過去問演習したいくらいです…

 

 

 

なので、普段の勉強に並行してやろうとしても、高校生の時以上に難しいように感じます。

 

 

 

普段校舎では僕はみんなに、「夏休みは学校がないからこそ校舎で勉強しよう!」といっています。

 

 

 

「周りと比べたらまだはやい」と言うのも事実です。

 

 

 

しかし、早めに入試レベルの学力を身に着ける。

 

 

そして、そうでないと得られない知識に時間があるうちに触れ、視野を広げる。

 

これ結構、楽しそうではありませんか?

 

 

 

学生でなければこんな貴重な時間は過ごせないと思います。

 


 

 

実はこれ、高校生でも全く同じことが言えます。

 

 

東進なら、夏休みの間に学校の勉強に追いつくことだって、追い越すことだってできます。

 

 

東進ハイスクール千歳船橋校では随時、体験授業のお申込みを受け付けております!

 

ぜひ実際に校舎に足をお運びください!

 

百聞は一見に如かず

最新記事一覧

過去の記事