8月 | 2018 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ 2018年08月の記事一覧

2018年 8月 31日 早起きを続けるためには??

こんにちは!!

早稲田大学教育学部英文学科1年の橋本朋樹です。

夏休みも終盤になって来てもう学校が始まっている人もいるかもしれませんね!

夏休みは時間をフル活用しようと朝の早起きを頑張ったけど夏が終わってしまうとどうもできない。

という悩みを持っている人多いですよね~

今回はこれを解決するための方法について話そうと思います。

早起きをする方法。

それはズバリ”早く寝ること“。(とても単純ですが)

受験生の皆さんはしっかりと12時ごろまでには寝ることができるような勉強の予定立てをがんばってみてください!!

 

東進ハイスクールでは現在体験授業を実施中です!学校行事が始まる前に予備校を見てませんか?

気になったからは下のバナーから!

 

 

 

2018年 8月 28日 継続は力なり

こんにちは!

4年の宮崎です.

夏休みもあっという間に終わりが近づいてきましたね...

大学生は9月中旬まで夏休みなのですが

卒業研究で夏休みも学校に行っていたので

夏休みという感覚があまりありませんが(笑)

 

8月終わりということで

つい先日行われた

8月センター試験本番レベル模試

を受験したみなさんどうだったでしょうか?

センター試験の仮想本番といわれる今回の模試に向けて

夏休みを猛烈に頑張ってきたはずです.

思った通りの結果を得ることができた人,思うように力を出し切れなかった人

もちろんいると思います.

しかし!過ぎてしまったものにうじうじしていても

現状は一向に好転しません!

すぐに前を向いて進みだした人のほうが圧倒的に強くなるはず.

もちろん,どうしてそうなったかという分析は大事です.

しっかり分析をして次のステップに進みましょう!

 

さて前置きが長くなりましたが

今回のテーマは

夏休み後も早起きを続けるコツ

です

夏休み期間中,東進では開館時間が早くなり

人によっては学校に行く時間よりも早く起きていた人も多いのではないでしょうか

9月からどこの高校も学校が始まりますが

夏休みが終わったことにより

少し生活リズムがだらけてしまう人もかなりいるはずです.

せっかく夏休みで身に着けた早起きスキルを

ここで失ってしまうのはかーなーりもったいない!

学校が始まっても早起きを続けるコツは

早起きを続けること!

です!

え?コツじゃなくね?って思うかもしれませんが

毎日寝る時間と起きる時間がまちまちだと

絶対に早く起きる習慣は身につきません.(体験談なので本当です)

次の日の予定がどんなにフリーであったとしても

毎日同じ時間に起きて行動する.

このことをルーティンづけてしまえば毎日ベストパフォーマンスができるはず.

スポーツマンの人たちだってそれぞれのルーティンを持ってるのと同じことが

わたしたちにだっていえるはず!

その一つを早起きにしてみましょう!

 

東進ハイスクールでは現在体験授業を実施中です!

学校行事が始まる前に予備校を見てませんか?

気になったからは下のバナーから!

 

2018年 8月 27日 私の早起きのコツ!!

 

こんにちは!!

 

担任助手の野澤です!!

 

今回のテーマは「早起きのコツ」です!

 

私の早起きのコツは、早く寝ることです

 

本当にこれにつきます!!

 

夜頑張って遅くまで勉強することも悪いことではないですが

 

夜更かしは体調にもよくないです

 

早く寝て睡眠時間をしっかりとって早く起きることが

 

ベストです!!!

 

朝から勉強してがんばりましょう

 

 

↓↓さてここからはお知らせです↓↓

現在東進ハイスクール千歳船橋校では体験授業を受付中です!(^^)!

予備校ってどんなところか心配な方

映像授業で頑張れるか不安な方

ぜひ1度千歳船橋校に足を運んでみて下さいね!

きっと大学受験がより身近なものになるはずです(‘ω’)

気になった方は下のバナーをクリック!!

 

 

 

 

2018年 8月 26日 #模試 #復習方法

こんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校の高橋雅史です!!

 

いよいよ今日はセンター試験本番レベル模試ですね!

 

6月の「全国統一高校生テスト」の結果を踏まえて担任の先生と作戦会議をしたと思います。

 

以来この夏、取り組んできたことの成果を測る絶好のチャンスですね!

 

 

まだ読んでない人は見てネ!

 

 

なので今日はこの模試を受けた後の心構えについて話したいと思います!

 

だいぶボリューミーなので、時間をかけて何度でも読んでね!

 

 

 

【See】成果の分析は忘れずに

 

以下のパートでは、模試の具体的な復習方法について述べたいと思います。

 

解答表を活用して自己採点を行う

 

 

試験後は,自己採点をして,できた問題そうでない問題を明確にしてしてください。

 

また,時間不足で解いていない問題は自己採点前に必ず解きなおしましょう。

 

そして、後日示される「設問別得点詳細」で自己採点結果が合っているか照らし合わせることもわすれずに!

 

東進模試ほど成績帳票のしっかりしている模試はないと自負しています!!

 

 

 

合格指導解説授業を活用して,さらに理解を深める

 

さらに知識を深めたい

 

解答解説を読んでも理解できなかった

 

そんな問題の解き方を詳しく知りたい場合…

 

 

 

合格指導解説授業を利用してください!

 

大問ごとの受講が可能です!

 

優先順位をつけて優先度の高い大問から受講してください!

 

残念ながら、ただやみくもに全て受講すればいいというものではないです。

 

基本は解答解説冊子で!

 

 

 

【Plan】夏以降も努力を継続!

 

8月末・9月頭のトラップ

 

実はこの模試が終わった後が頑張りどころです!

 

 

先輩たちを見ていると、8月は…

 

(ⅰ)夏休みで時間も確保できた

(ⅱ)模試があり目標もあった

 

…と、頑張りやすいのです。

 

 

しかし、9月以降…

 

(ⅰ)学校が始まったし…

(ⅱ)特に目標はないし…

 

…といって勉強量が必要以上に落ちてしまう生徒が多いのです。

 

 

平気で1ヶ月程度も学習量を極端に落としやすいというのも事実です。

 

ただ、逆に言えばなぜ東進が他の予備校より多く模試をやっているかがよくわかるのですが…

 

原理を知る

この現象、「統一一貫性が崩れる」ことに起因します。

 

脳科学的にも証明されているようです。

 

 

一貫性がある環境ならば、軌道に乗りやすい。

 

 

しかし、学校が始まれば一貫性が崩れる。

 

 

では…皆さんができることは?

 

 

【Do】意図的に軌道に乗せる

 

(1/3)  秋 ~ギャップを埋める~

二次私大対策が始まります。

 

そうするとキーワードになるのがTry and Error!

 

極論を言えば、いままでは毎日受講/毎日高速基礎マスターをやればとりあえず良かったです。

 

 

しかし今後は…

 

過去問を解いて、それに個人個人がどう向き合うか

 

そんなことが重要になってくるのです。

 

 

 

 

一言で個人個人がどう向き合うかと書きました

 

しかし…

 

絶対に1日で何とかなるものではありません

 

なぜなら…

 

過去問を解いて復習が必要になりますが…

 

対症療法では済まされないからです。

 

 

 

目指すべき復習はTry and Error

 

 

つまり根本治療です!

 

 

 

 

(2/3)1日のスケジュールを想定しておく

これ、割と重要です。

 

 

意図的に過去問志望校対策を成功させる。

 

 

そのためにも2学期説明会の内容を思いだし実行!

 

 

そのために、理想論の学習予定ではなく、現実味があり且つ最大効率の予定を立てる。

 

 

そのためには、いまは秋以降の動きを想定する!

 

 

 

失敗する前に不安な人は、担任の先生にも相談してみましょう!

 

 

(3/3)Try and Errorを実行するために

秋以降はほんとうに忙しいです。

 

というのも…

 

要求されることは高度化する。

 

それなのに、学校も忙しい…

 

しかし、東進はそんな皆さんでも学習コンテンツ以外にも様々なツールを用意して待っています。

 

 

例えば…合格設計図

例えば…週間予定シート

例えば…(ちとふな限定)ストラテジーシート

 

 

これ就活していると分かるのですが…成功しているビジネスマンみんな似たようなもの使っているのです…

 

これらのツールを駆使できるようになれば今日述べたことは必ずや実行できるはずです。

 

 

実行できれば、より大きく第1志望校合格に近づくはず!!!

 

 


いかがだったでしょうか?

 

 

色々なことを話して混乱されているかもしれません。

 

 

ですが色々話したくなるくらいこの時期は重要なんです。

 

 

陰ながら応援しております!!

 

 

 

Fight!!

 

 

↓↓さてここからはお知らせです↓↓

 

現在東進ハイスクール千歳船橋校では体験授業を受付中です

 

予備校ってどんなところか心配な方

映像授業で頑張れるか不安な方

 

ぜひ1度千歳船橋校に足を運んでみて下さいね!

きっと大学受験がより身近なものになるはずです

気になった方は下のバナーをクリック!!

2018年 8月 25日 センター試験本番レベル模試が何で大事なのか

こんにちは!

上智大学総合グローバル学部1年の高橋信乃介です

いよいよ8月センター試験本番レベル模試明日に迫ってきました

前日だしナーバスになっている人もいるんじゃないでしょうか

緊張したり、点数が上がらないことが怖くて嫌になる気持ちはわかるし

僕もセンター試験本番レベル模試ほど緊張するものはなかったです

今日は前日ということで

勉強面のアドバイスではなく

そもそもセンター試験本番レベル模試はどう便利なのか、とか

モチベーション向上のための話をしようと思います

まず

模試でたとえ点数が上がらなかったとしても

受験生の皆さんにとっては嫌なことかもしれないけれど

収穫は実はたくさんあります

むしろ

点数が上がった下がったで一喜一憂することが一番無意味です

模試を受けることによる一番の収穫は

自分の現状を把握し、今後の学習に生かすことです

言葉面だけはよく聞く言葉ですが、ちゃんと理解しているでしょうか?

これをきちんと理解し、模試の意義を知ることが

模試を受けるモチベーションや

効果的な模試の活用につながると思います

知っての通り、センター試験は基礎レベルの修得度が問われる試験です

センターレベルでつまずいているようでは私大レベルは解けません

模試の結果がよくても悪くても

満点でない限りは、どこかを間違えていることになるので

きちんと自分のできていない部分に向き合い

復習を徹底して

模試を受けるたびに自分の苦手範囲、弱点を見つけて

毎回必ず復習でその弱点をなくす

という繰り返しを大事にして、センター試験本番レベル模試に臨んでほしいと思います

さらに今回は8月なので

私大演習に入る前最後のセンター試験本番レベル模試です

きちんと早く寝て明日に備えてください

 

 

↓↓さてここからはお知らせです↓↓

現在東進ハイスクール千歳船橋校では体験授業を受付中です!(^^)!

予備校ってどんなところか心配な方

映像授業で頑張れるか不安な方

ぜひ1度千歳船橋校に足を運んでみて下さいね!

きっと大学受験がより身近なものになるはずです(‘ω’)

気になった方は下のバナーをクリック!!

過去の記事