ブログ | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ 

2017年 8月 8日 科目別勉強法:国語

こんにちは!千歳船橋校担任助手の加藤です。

受験生にとっては天王山の夏、皆さんはどうお過ごしですか?

さて、今回のテーマは、「科目別勉強法:国語」です。国語という科目について皆さんどう考えていますか?実は、国語という科目の性質は数学と酷似しているんです。どちらも論理的プロセスを通じて理解するという科目なのです。国語の論理的プロセスを理解するのに重要なポイントは、、、

ずばり”接続詞”です。文章の接続詞を抑え、文章構造を理解する。これが国語という科目に求められていると私は考えます。その感覚をつかめたらあとは練習(演習)あるのみです。

もうひとつ自分がアドバイスできることとして、文章を読むことに恐れをなさないことです。英語でもそうですが、長い文章を読むときに「うわぁ、やだぁ」と思わないことです。一つの文章を読むのに、集中力を絶やさないでください。読む速さはその文章の難易度や、練習量により変わります。

最後に補足です。語彙力も鍛えましょう。難解な文章は使われる言葉も難しいです。最低限の語彙力を身に着けておくことに損はありません。アイロニーやアイデンティティーといったカタカナ語も侮れません。

過去問を通して演習をたくさんしていきましょう!自分の自信にもつながるはずです!

現在東進ハイスクール千歳船橋校では、体験授業を実施しています。
東進生が実際に受けている講座の1コマ目を体験することができます!
東進の授業について興味がある、他の予備校の授業と見比べたいという方はぜひお申し込みを!
お申し込みはこちら

2017年 8月 8日 国語の勉強法

こんにちは。東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の仲安です。

今日は国語の勉強法について話したいと思います!

国語と一括りにしても現代文・古文・漢文と様々ですよね。それぞれの私が実際にやっていた勉強法について話していきます。

~現代文~

現代文に関しては、文章との相性により高得点が取れたり、逆に点数が取れなかったりという人が多いのではないでしょうか?安定して点数をとれることが大切ですよ!

  1. 漢字
  2. これはとにかく覚えてください。学校で使っている単語帳があると思うので、そこに載っている漢字は覚えきりましょう!
  3. 語句の意味よく出てくる単語に関しては、その語句がどういう意味なのか自分の中で簡単に訳すことができれば大丈夫です。乖離=離れるとかイデオロギー=考え方とかとにかく自分の頭の中で分かりやすく変換できるようになりましょう!
  4. それができるようになるためには、模試やセンターの過去問、自分が使っている問題集などでこの単語わけわからないというものを見つけたら辞書で調べ、大体こういう意味というのを自分の頭の中にインプットしておきましょう。
  5. 現代文の問題ってよく意味の分からない単語がよく出てきますよね。矛盾とか乖離とか〇〇主義とかイデオロギーとか・・・
  6. 解き方を身につけるまた私は普段本を読むことがなかったので、毎日のコラムという新聞の社説を並び替えるものがあったのでそれをやっていました。このときにもゴロゴで言っていた接続詞を意識しながらやっていましたよ。毎日のコラムは社説なので文章も短く取り組みやすくたくさんの文章に触れることができるのでオススメです。
  7. これが一番大切です!私は板野先生が出版している現代文のゴロゴを買って勉強しました。この本では現代文の解き方のコツが書いてあり、はじめはこの本に載っている例題を解きました。そのあと自分で購入した現代文の問題集(問題集は立ち読みしてみて、自分が解きやすいと感じたレベルのものがいいですよ)をゴロゴと照らし合わせながら1、2問解いてみました。そうして解き方を覚えたら見ないで実践です。

 

~古文~

  1. 古文単語 
  2. 私はゴロではなく、なんでこういう意味なのかまでわかるような単語帳を使っていました。とにかくどんな単語帳を使っていても1冊を繰り返しやることが大切です。英単語と一緒ですね。
  3. 古文常識                                          その時代の人の考え方やその時代の建物構造など、授業で先生が話してくれることが多いと思うので、一度習ったものは分かる状態にしておきましょう。
  4. 助詞・助動詞                                           とにかく覚える!音読していれば覚えられますよ!あとは例題をたくさんやって使えるようにしていきましょう。
  5. 敬語                                                   まずは、文法書についている敬語を覚えましょう!そんなに量は多くないので、時間はかからないと思います。

次に覚えたら、文章中に出てくる敬語に印をつけましょう。尊敬語=〇、謙譲語=△、丁寧語=二重線みたいに自分で好きなように決めてみてください。それが出来たらその敬語は誰から誰に向けてのものなのか意識して読んでみましょう。

 

  1. 和歌

古典と言えば和歌。どの文章もだいたい一句は入っていますよね。和歌は昔の人にとって気持ちを伝えるツールであり、その文章のキーとなっていることも多いです。和歌の意味を理解できるようになるために私がしたのは、掛詞を見つけるということです。例えば和歌に「あく」と書いてあったとします。このあくは飽く(=心情)と開く(=情景)の二つにかけているというものです。

~漢文~

 漢文はやれば伸びる科目ナンバーワンと言っていいほど伸びやすい科目です。センター試験であれば40点以上取れるのは当たり前と言っていいほどみんな点数を取ってくる科目。だからこそこの科目での失点は避けたいですよね。

 

漢文についての豆知識

漢文は一部大学を除き、センター試験レベルができれば二次試験も得点できる科目です。つまり基本的なことさえできるようになればOKな科目なのです。

  1. 句法 
  2. とにかく覚える!音読していれば覚えられますよ!あとは例題をたくさんやって使えるようにしていきましょう。
  3. 普段耳なじみのない漢字の読み方を覚える。
  4. 例えば「蓋シ」これは何と読むと思いますか?正解は「ケダシ」です。このように漢文では耳なじみがない漢字が出てくることがよくあります。蓋シ=ケダシと読むことができるだけで選択肢を絞ることができるので、意外と漢字の読み方は大事なことになります。この漢字の読みに関しても頻出のものがあったりするので、やってみてください。私は東進の講座でまとまっているものと学校の先生から言われたものをやりました。

 

これらはあくまでも一例にすぎません。私も学校の先生や東進の授業で先生が言っていたことからどういう勉強をするか取捨選択し、自分なりの勉強法を見つけました。このやり方が正解というものはありません。ぜひ自分に合った勉強法を自分の力で見つけてください!

それではここからはお知らせです。
現在東進ハイスクール千歳船橋校では、体験授業を実施しています。
東進生が実際に受けている講座の1コマ目を体験することができます!
東進の授業について興味がある、他の予備校の授業と見比べたいという方はぜひお申し込みを!
お申し込みはこちら

 

2017年 8月 7日 現代文の勉強方法!

こんにちは!

千歳船橋校担任助手の雨宮です。

さて、先週に引き続きテーマはこれ!

科目別勉強法

今週は

国語数学

についてお話しします。

勉強方法に行き詰まっている方は

是非読んでみてくださいね!

では、さっそく

国語の中でも現代文〈評論〉の勉強法

をお話ししたいと思います!

現代文ってどう勉強したらよいか分からない…

こんな風に思っている人も多いですよね。

しかし!!

そんな現代文にも

勉強する時のポイントがあります!

日本語で書かれていて、比較的馴染みのある現代文。

であるはずなのに、

筆者が何を言いたいのか掴めない事ってありませんか?

その原因は何か、、、

ズバリ、

語彙力の不足です。

評論はなんとなく読み進めていても

安定して正しい解答を導くことはできません。

筆者の言いたいことを正確に読み取る。

そのためには、

英語で言うと単語にあたる

現代文の語句や知識を勉強することが大切です!

日本語だから、、、とあぐらをかくのではなく、

地道ではありますが語句の勉強をしましょう!!

実際に単語帳も売っていたりするので

今すぐにでも勉強をスタートさせて下さいね!

 それではここからはお知らせです。

 現在東進ハイスクール千歳船橋校では、

体験授業、個別面談を実施しています。

 東進の授業について興味がある、

他の予備校の授業と見比べたいという方はぜひお申し込みを!

 お申し込みはこちら

2017年 8月 5日 科目別勉強法~英語~

こんにちは。東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の川島です。英語を制すもの受験を制すってよく聞きますよね。

さあ、本日のテーマは「英語の勉強法」です。

私が思う英語の最善の勉強方法は音読です。ただ音読と書かれてもどうやればいいのか分からないと思います。なので具体的な勉強方法を書きたい思います。何を音読するのかというと英文法750です。アプリの中に音声学習という機能が付いています。そこでスピードや回数を設定して毎日音読です。ここで大切なことは文の意味や構造を理解してから、音読を始めることです。文章が流れている時に音読しながら、意味と文法を頭の中で考えます。750個の文章を約20回ずつ音読すればきっとほとんどの文章でこれが実行できます。

英文法750の音読のメリットとしてはまず英単語センター1800の単語の復習になる、英文法が音で覚えられ、長文を読んでるときに瞬時に使われてる英文法が分かるなどです。リスニングの勉強にもなります。夏は普段よりも時間があります。この時期に初めて見るのはいかがでしょうか。

 

現在東進ハイスクール千歳船橋校では、体験授業を実施しています。
東進生が実際に受けている講座の1コマ目を体験することができます!
東進の授業について興味がある、他の予備校の授業と見比べたいという方はぜひお申し込みを!
お申し込みはこちら

2017年 8月 4日 科目別勉強法~English~

こんにちは!

担任助手の三沢です!

今月のテーマは”英語の勉強法”ということで

わたしが実践していた英語の勉強のしかたを紹介していきたいと思います。

①英単語・英熟語を毎日やる

英単語と英熟語は毎日やらないとどんどん忘れていきます!

単語と熟語に関しては完成という言葉は存在しません。

私は毎日1時間半は単語と熟語を学習する時間を作っていました!!

大学の英語の試験では、

英単語と英熟語がわかっていないと

長文問題はもちろん、文法問題も解くことはできません。

みなさんも毎日やっていきましょう。

②音読を毎日1時間はする

みなさん夏休みに入って、過去問などで長文を読む機会が増えてきていると思いますが、

問題を解くだけでおしまいにしてしまっている人はいませんか?

それではだめです!!

一度解いて、解説を読み、理解した文章は

必ず

音読をしましょう!

最低でも1つの文章につき、20回はしてほしいです。

また、英文を読むと同時にあたまの中に

その文の意味を思い浮かべるようにして音読をしてください。

音読をするだけで

長文を読む速度が上がったり

アクセントや発音の復習や

単語・熟語の復習ができたりするなど、

いいことしかありません!!

みなさんぜひ実践していきましょう。