どうやって模試の復習をするか? | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 6月 13日 どうやって模試の復習をするか?

こんにちは!

先週は全国統一高校生テストがあったということで、どうやって模試の復習を進めていくか、アドバイスをしたいと思います!

模試のあとは、「二択まで選択肢を絞れたのに最後で間違えた」だったり、「最後に選択肢を変えたら元の答えが正解だった」など、選択肢を最後まで絞り切れなかったという人が多く見受けられます。自分も実際に受験生の頃はそういう思いをよくしました。

ここでまず言いたいのは、選択肢を二つまでしか絞れない人と、正解の一つまで絞れる人には大きな差があるということです。

国語の例で言えば、前者は良くても160点くらいしか取れず、後者は悪くとも160~170点取るような人だと思います。

そして、選択肢を正解の一つまで絞れるようになるためには、二択で迷った問題を正解か不正解だったかを問わず、自分でどうしてその正解の選択肢になるのかを根拠を明確にして説明できるように復習することが必要です。

それを繰り返すうちにだんだんと選択肢を絞れるようになってきます。復習の効果はすぐに現れるよりも、数か月経ってやっと出てくるものです。だからこそ、こうした復習を普段の問題演習からコツコツ積み重ねて安定して高得点を取れるようになりましょう!

これが出来る人はこの先ほかの人よりも点数が伸びると思います!