受験生の夏、勝負の夏 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 8月 7日 受験生の夏、勝負の夏

こんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校

担任助手 髙島友朗です。

最近暑くなってきて、やる気が失せてきていませんか?

昨年、外に出て一瞬でも汗をかくのが嫌で

家で勉強しようと心に決めて、爆睡してしまった一日を今思い出しました。

家にはたくさんの誘惑や睡眠を促すものがあります。

東進は涼しくて超快適なので、「行きたくないなー」と思っても

頑張って来て、私みたいにさぼらないようにしましょう。

さて今回は、「夏休みの勉強の重要性」についてです。

皆さんご存知の通り、夏休みは

「受験の天王山」

と言われていますね。

そのように言われる理由は

夏は連続した40日の休みがあり、圧倒的時間を

「基礎学習」

に捧げることが出来るからだと思います。

夏休みが終わると、学校が始まるため一日の勉強可能時間が減り、

また2次私大の過去問演習が本格化するため

単語や文法等に割く時間がかなり少なくなります。

この夏のうち、単語や文法といった基礎学力を大量に取り込んで

夏が終わって触れる機会が減っても知識が抜けない用意しましょう!

では、いったいどんな勉強をしたらいいの?と思う方もいるでしょう。

実際に私がやっていた夏の単語系の勉強方法を紹介します!

 

夏休み中は開館時間が早いため、

朝登校できても眠くなってしまいますよね。

なので、登校してすぐに受付にいる担任助手から見えるような場所に移動して、

1、英単語500語を回りに迷惑にならない程度の声で読む

2、古文単語帳全565語を一気に読む

3、英文法参考書の「文法・語法・イディオム」それぞれ1/5ずつ読み、5日で1周できるようにする

 

(3に関しては、なぜこの文構造になるのかの説明までも覚えて説明できるようになっていました。)

大体2時間くらいかけてこの流れを毎日やっていたため、

夏休みが終わり過去問演習が勉強の中心になっても

知識が抜けることはありませんでした。

もしまだ基礎学習の勉強方法を確立ができていない人は

一度試してみてください!

絶対に第一志望に合格したいなら!

この夏を自分のために最大限に利用しましょう!