過去問演習をしないと明日は来ない! | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 8月 13日 過去問演習をしないと明日は来ない!

こんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の加藤稜晴です。

早いものでもうお盆の時期になりましたね。皆さんは帰省などするのでしょうか?

私はというとなかなか忙しくて家族での行事が薄れていっているのが現状です。家族で買い物や旅行に行っている家庭はすごくいいなあなんて思ってる日々でございます(笑)

さて今週のテーマはセンターの過去問演習についてです!

受験生はもう過去問を10年分解いたなんて人もたくさん出てきています。

夏休みに一番今までの勉強と大きく変わるのは、センター過去問演習が本格化したということ!

科目は、受験生にとって最重要であろう英語についてです

まず、東進生にはセンター大問別演習が存在しますが、

これは間違いなく東進の最強ツールです!

活用しない手はありません

特に英語において言うならば

毎日大問5や6を解くことで長文に慣れておくことができるので毎日触りましょう!

それから、センター英語で120点を超えられない人は、

時間を気にせずに、1回一年分解いてみて下さい

時間をかけてもできなかった場合は

文法や単語の基本事項が抜けています!

出来れば夏休み前にクリアしておきたい課題ではありますが

出来ていないものに目をつぶって先に進むと、あとあと後悔します!

今のうちに不完全な部分はつぶしましょう!

それに当てはまらない人達に関しては

とにかく量を積むことが最重要です!

毎日、過去問や大問別をやることです!

それから、当然見直しも大切です

見直しで大切なのは

決して、答えを確認して納得する事なく

自分が満点を取れなかった大問は必ず

文法、単語、スピード、体力など何かしらの原因を考えてください

それをもとに勉強する内容を工夫し

毎日何かの弱点をなくせた実感を持てるようにしてください!

そしてもう一つ!!!必ず音読してください!

英文をちょっと覚えちゃうくらいがちょうどいいです

夏休みに頑張った人と頑張れなかった人でとてつもなくおおきな差が生まれます!

出会った問題に関しては理解してからおさらばしてください!

でなければ意味がありません。夏のうちにやれることはやっておく。

低学年の人は早めに基礎知識を入れておくことをお勧めします。

では頑張ってください!!