長時間勉強に向き合うには? | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2020年 5月 18日 長時間勉強に向き合うには?

こんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校

担任助手 髙島友朗です。

最近は真夏を彷彿とさせる

暑い日が目立ちますね。

自宅にいることで

意外と体力が低下しているので

この夏は熱中症や夏バテに

例年以上に気を付けなければなりません!

さて今回は、

「長時間勉強のコツ」です。

「コツ」というよりも

私が受験生時代や

今の大学生活で

長時間勉強や作業をするときに

心がけていることについて

お話ししようと思います!

長時間勉強をするには

適度な休憩が必要不可欠です。

例えば、1日10時間勉強するとして、

「午前8時から午後6時まで

休まず続ける場合」と

「午前8時から午後8時まで

間に合計2時間の休憩を挟む場合」

どちらが望ましいと思いますか?

私は後者だと思っています。

同じ10時間の勉強でも

間に休憩を入れることで

その都度頭をリフレッシュできます。

前者の場合、

最後の方(午後16時頃?)は

頭がぼーっとしてしまって

集中できなさそうですよね。

10時間に限らず

皆さんが今やっている

長時間勉強の効果を最大化させるために

休憩は本当に大事ですので、

不安になるかもしれませんが

ぜひ休んでみてくださいね。


 

ここからはお知らせです。

現在、東進ハイスクールでは、高校生対象の

「自宅オンライン講習」

を実施しております。

コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛を要請されている状況下においても、

自宅で学習を進めることができます。

この講習では、

90分×5コマに授業を最大2講座、無料で

受講できます。

お申し込みは

5月21日

までです。

この休みを利用して学力を向上させましょう!

↓お申し込みは下の画像をクリック!↓