9月 | 2018 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ 2018年09月の記事一覧

2018年 9月 28日 #東進 #ノート

こんにちは!

 

東進ハイスクール千歳船橋校の高橋雅史です!

 

 

今週のブログのテーマは…

 

ちょっと見せて!

受験時のノートプリント

 

ということで…雅史の受験の時に使っていたノートを公開します!

 

公開するのは2つ!

 

 

実際に東進の生徒時代に使っていたノートです!

 

 

 

是非ご覧あれ!!

 

 

【英語】今井宏のA組・英語上級パワー養成教室

 

こんなノートを取るときに意識したことは3つ!

分からない単語を明確化する

分からない単語がどれほどあるのか把握

単語帳や高速基礎マスターの演習の計画に還元

どんどんと青マーカーが減るのが理想!

分からない単語があっても「単語帳や高速基礎マスターにもこんな単語ないよ」と言える次元を目指す。

 

長文に取り組む時のアプローチですが、基礎力である「英単語」は重要視していました。

 

一番アンテナを張っていました!!

 

 

 

 

文法構造を整理する

今井先生がポイントとおっしゃっていたところ…

板書したところ…

これらはもちろん簡潔に写していました。

 

また特に言及がなかった箇所についても…

気になったら和訳と英文を比べて、納得のいく構造分析を自分なりにやってみたりしていました。

 

以上を意識しました!

そして音読

そんなノートを用いてどんなに時間が限られていても必ず15回は音読をしました。

 

この方法は、英語は安定して実力を伸ばす結果の要因になりました。

 

特に、英単語は高速基礎マスターで覚えた訳を生きた形で理解することにつながりました。

 

 

【数学】微積もぐんぐん(応用編)

問題文を書き写す

テキストの個人的にこの方が復習がやりやすかったので書き写していました。

 

場合によっては時間の無駄とも成りかねないので各自工夫してください!

 

 

ルーズリーフを真ん中で折る

真ん中で折って、ノート1面を2面に見立てて使っていました。

 

ご覧の通り、適度に詰めて書けます!

 

 


 

どの講座においても共通して言えることがあります。

 

①時間をかけすぎない

②見やすく心掛ける

③復習しやすい工夫

 

こんなことを心掛けていました。

 

しか使っていないのも➀や②といった理由があります。

 

青の方が暗記しやすい」という声もありますがいったいどうなんでしょう…?

 

言われてみればそんな気がしますが…僕が青を導入した動機はこの話を聞いたからではありません…

 

これ以外にも校舎にてノート公開中です!

 

また大学の授業ノートやテキストなども公開しております。

 

校舎に足を運んで受付に声をかけてください!

 

ここからはお知らせです!

東進ハイスクールでは随時体験授業を実施中です!

 

また全国統一高校生テストも近づいています!

気になったからは下のバナーから!

 

 

 

2018年 9月 26日 私の過去問ノート

こんにちは。東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の川島です。最近雨ばかりなので体調管理気を付けましょう

さあ今週のテーマは「私の過去問ノート」です。

過去問ノートってなんで必要なの?

  • できている問題とできていない問題の区別、間違えた理由と正解した理由を明確にする。

 

ケアレスミスで10点失点してしまった160点と勘で10点取れた160点では本来は20点の差があります。確かに本番は何点取れるのかという勝負ですが模試で大事なのは何点取れたかというわけではなくどのくらい問題が解けたかです。英語で言うと最後にこっちじゃねみたいな感じで解いた問題は本当の理解、正解とは言い難いです。マークミスなどのケアレスミスとかを抜きにしたら正解不正解のパターンには4種類あると思います。

  • 正解となる根拠がわかっていて正解。
  • 何となくマークして(勘違いも含む)正解。
  • 何となくマークして不正解。
  • 分からなくてマークせずに不正解。

 

復習を雑にする人は解説授業や解答を見るとき間違えた問題に目を向けがちで③、④の問題しか見ません。しかし本当に注意すべき問題は②のような問題です。その時点で誤った知識もしくは誤った考え方を持っているのが確実です。③、④と同様復習しなければならない問題です。それぞれ間違えてしまった原因とそれぞれの正解の根拠となる文章を引くことで正しい知識と考え方を手に入れることができます。過去問ノートを作ると少し時間はかかりますが、誤った知識を正しくすることができます。できないことをできるようにすることが学習です。過去問ノートを作り正しい復習法を身に着けましょう。

 

  • 過去問だって一つのテキストである。

 

授業の内容は必ずノートに取っている人が多いと思います。ノートを取る理由はたくさんありますが、自分なりにまとめたり覚えたりするためというのがメインだと思います。なぜ過去問の内容をノートに取らないのでしょうか?より本番に近い問題を提示しているのは過去問です。過去問ノート必要なはずです。

授業ノートと過去問ノートの違いは

授業ノート:inputのinput     過去問ノート:outputのinput

勉強の内容を覚えるために学ぶのが授業ノートであり、解き方をまとめるのが過去問ノートです。一緒のような形式の問題だと見るべき箇所は似てきます。それぞれの解き方を学ぶためにも過去問ノートを書くようにしましょう。

 

  • 過去問ノートの作り方、書く内容

 

例えば、、、

<英語>

問題を解く(解いてる最中に根拠となる文章がわかるのであれば線を引いたり、わからない単語熟語にチェックしたりすると良い)

⇒採点する

⇒何となく正解した問題や間違えた問題、時間が足りなかった問題をもう一度解いてみて解答解説を確認する

⇒ノートの見開き左ページに問題用紙、右ページは開けておく。

⇒なにかしらの勘違いやわからない文法、単語熟語があるはずだからそれを右ページにメモする

⇒チェックしてある、わからなかった単語や熟語をまとめる。

(時間に余裕があるのであれば全文日本語訳と英文を照らし合わせてほしいです。理由は本当は読めてると思っていたのに勘違いして読んでいるというのが一番危ないからである)

 

<数学>

解き始める前に問題を左ページに貼っておく

⇒問題を解く(計算を右ページの上半分に書く。本番も十分な計算スペースを使えるとは限らない)

⇒採点する

⇒時間が足りずに解けなかった問題があったらそのまま解く。

⇒下に正しい解法を自分がわかるように書く(明らかに自分と同じ解法であったら書く必要なし)

⇒自分が思い浮かばなかった公式や解法をわかりやすくメモっておく。

2018年 9月 25日 僕の演習ノート!

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール千歳船橋校担任助手の徳満瑛大です。
僕は今東京工業大学理学院数学系数学コースに通っています。大学院2年生です。
 
今週のテーマは、「ちょっと見せて!受験時のノートプリント」です。
ただ、僕が受験をしたのは6年前で、すぐに見せれるものが残念ながらありません・・・
 
と!言いたいところですが!
 
大学院入試の勉強で行っていたことが、大学受験の時こだわっていたことなので、少し紹介します!
 
僕は主に理系科目でやっていたことなのですが、勉強のルールとして、
「頭が動かないなら手を動かす」
 
というものがありました!
 
頭を使うことが勉強ですが、疲れたりコンディションが悪い時もあります。
そんな時はとにかくはやく手を動かすことにこだわっていました!
冴えていない時に読む勉強をしていても、頭に入ってきません。
 
実際に書くことで効果がある勉強も多く、
また手を動かしているうちに頭が冴えてくることも多いでやっていました!
 
全部に当てはまることではないかもしれませんが、理系科目を勉強する際は、
「ノートに綺麗に書くのではなく、とにかく思考のスピード通り書く!」
 
ことを大切にしています。
計算で使うノートなどは、後で見返す以上に
手を動かすことに価値を一番見出しているので、そこに特化していました。
 
なので、とても汚いです・・・
 
 
 
参考までに1ページ
 
 
このノートの全部のページが、
本当に汚い・・・
ただ、演習ノートを何冊も積み重ねることにはとても価値を感じていました。
 
これは、すべての科目に当てはまることではありません。
ただ、理系科目など手を動かすことに価値ある科目は多いです。
 
自分に合うかも!と思う人は是非挑戦してみてください!

2018年 9月 24日 私の受験時代のノート大公開!!

こんにちは!
明治大学法学部1年生の大嶋 里佳です(^ ^)/
 
とうとう長かった夏休みも終わって、秋学期が始まってしまいました(・ω・`*)
今年の夏休みはすごく色々なことができたので大満足です!
皆さんの夏休みはどうでしたか…??
 
さて!今週のブログのテーマは!
「ちょっと見せて!受験時のノート、プリント」
ということで、私はセンター試験の過去問ノートを紹介したいと思います!!
 
 
上の写真がその一部です!
私がこのノート(ルーズリーフ)をつくる際に1番気をつけていたことは、センター試験本番に持っていって試験開始直前まで見ていられるものをつくる、ということです。
 
たくさん勉強した人ほど試験当日持っていきたい参考書、ノートはたくさんあるはずです。
でも、持っていかれるものは限られているし、持っていっても見る時間は意外とないものです(´-`).。oO
 
だから、私はこのノートにできるだけ自分の勉強してきた痕跡が残せるように、点数やかかった時間、気づいたこと、思ったことなどなんでもメモするようにしていました。
 
皆さんもそろそろ受験当日のことを見据えて行動するようにしてみてくださいね!!
 
ここからはお知らせです(^ ^)
現在、東進ハイスクール千歳船橋校では体験授業の受付を行なっています。
無料で普段東進生が受けている授業を受けることができるチャンスです(^ ^)
お気軽にお申し込みください!
気になった方は下のバナーをクリック!!

2018年 9月 22日 担任助手の夏休み!!

こんにちは!!!

早稲田大学教育学部英語英文学科に通っています、担任助手の橋本朋樹です。

どうでもいい話ですが、つい最近まで自分の学科名を英語英文学科ではなくて英文学科だと思っていました。

ほんとうにどうでもいいですね!(笑)

さて!今週のテーマは何かというと!『担任助手の夏休み』です!!

前年は受験生だったこともあって決して充実した夏休みを送れたわけではありませんでありませんでしたが、

今年はかなり自分のやりたいことができたと思います。

具体的には何かというとサークル活動や資格試験に向けての勉強です。

サークルについては皆さんある程度のイメージがあると思うので割愛させていただいて、

ここでは勉強面についてほんとに少し話したいと思います。

受験生の夏休みはたとえ嫌いな科目であっても合格するためにしっかりと勉強する必要がありましたが、

大学生の夏休みは自分のやりたいこと、やりたい勉強ができます!

やりたい勉強だけやっていればいいっていいですよね!!