やることはいつも同じ | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2019年 8月 21日 やることはいつも同じ

 

皆さんこんにちは!

乗馬キャンプの手伝いで日に日に肌を黒くしています

戸井公輝です。

 

さて、来る25日はセンターのプレ本番ともいわれる

8月模試です。

過去問は十分に取り組めていますか?

時間配分は身につきましたか?

不安な点はまだまだあると思いますが、

大丈夫、みんな不安です

ただ皆さんには、自分の今出せる最大の力を次発揮してほしい!

というわけで、この模試に対する意識についてお話ししようと思います。

 

結論から言うと、

「いつもと同じように解く」

ということが重要です。

 

8月はプレ本番だ!などと気合を入れて解こうとするときほど

いつもと違う思考回路が働いたり

余計に焦ってしまったりと、あまりいいことはありません。

重要な模試なのは確かですが、

自分にできることは、今自分にできることだけです。

ですから皆さんは、普段以上のことえをしようと思わなくていいのです。

・いつも通りの解く順番で

・いつも通りの取捨選択で

・いつも通りの方法をもって

問題を解くのみです。

 

とはいっても、せっかくのプレ本番なので

別の部分ではプレ本番らしいことをやってみるのもいいと思います

例えば、持ち物

本番の時、最後に見直すものは決めていますか?

この科目ではこの分野のここを

この科目ではこのパターンの問題の解法を

苦手な部分のみをまとめたノートなどは

持っておいて損はないと思います。

自分の意識を8月模試に向けるためににも

一度作ってみてはいかがでしょう?

 

後は起床時間です。

人間にの脳は起きてから3時間経つと

一番よく働くようになるらしいです。

模試の日は朝早いですが、ぎりぎりに起きたりせず、

余裕をもって起きるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

とにかく気張る必要はないということです。

万全の態勢で、自分の力を全部出す。

これに尽きます。

 

皆さんが8月模試で力を出し切れるよう

応援しています!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事