心も元気ですか?【精神的健康法】 | 東進ハイスクール千歳船橋校|東京都

ブログ

2018年 8月 19日 心も元気ですか?【精神的健康法】

こんにちは!千歳船橋校の高橋賢です。

昨日の加藤先生のブログ、非常に参考になりましたね。

今日も健康の話なのですが、少し話題を変えて精神的健康の話をしましょう!

 

「あなたは今元気ですか?」

 

何だかお手紙の冒頭で使われそうなこの問いに、あなたは自信を持って「はい!」と言えるでしょうか。

言えないあなたは、きっと身体の気だるさだけでなく「気持ちが沈んでいる」ことを「元気じゃない」ことだと感じているかもしれません。

 

なたが受験勉強をしていく上で「精神的な健康」は非常に重要な要素です。

今日は皆さんの精神的な健康を守るためのアドアイスをしようと思います。

 

意思決定には力が要る

あなたは日々大小様々な意思決定をしています。

今日着る服は何か、何時に出るか、電車で何をするか、校舎で何をするか

人間の脳は、例え小さな意思決定でも、それが繰り返されると疲れてしまい、判断力・集中力の低下を招いてしまいます。

かのスティーブ・ジョブズは、服に対する意思決定をなくすために毎日同じタイプの服を着続けたそうです。

 

あなたも夏休みだからと私服にするのではなく、「夏休みだろうが毎日制服」とすることで小さな意思決定を減らすことができます。

さらにこれのいい点は2つあります。

一つ目は制服を着続けることで「制服は勉強のスイッチ」となることです。衣服を変えるだけでOnOffを分けることで意思決定を減らせますよね。

また、模試や本番でも同様に制服で解く可能性が高いので、緊張しやすい場面も「いつも通りの環境」とすることができるからです。

あなたも明日から制服生活を始めて、脳の無駄な疲れをなくしましょう!

 

病は気から、は本当!?

この言葉、よく使われますよね。諺なので迷信だと思う人もいるかもしれませんが、受験勉強においては「やる気は気から」というのは本当だと思っています。

 

気持ちとやる気は結びついています。

嬉しい事があった時は頑張りたくなるし、

悲しい事があった時は何もしたくなくなります。

 

人の感情とやる気・行動力は密接に関わっているので、あなたには2つのことを意識してほしいです。

①悲しくなる・イライラするなどマイナス思考の回数を減らす。

②どんなに小さな事でもきちんと自分を認める、嬉しいという気持ちを全面に出す。

この2つをするだけで、あなたのやる気と行動力は見違えるようになるはずです。騙されたと思って、やってみてください!

 

 

さて、今日は精神的健康について話しました。

これから夏後半、そして秋冬・直前期を迎えて受験生は本番に臨みます。

本番に近くなればなるほどストレスを感じて、精神的な健康が奪われてしまいます。

そんな時はこのブログを思い出してください!小さな行動や考え方を変えるだけで、精神的な健康は回復します。

人生で一番重要な時期だからこそ、自分の心を一番大切にしながら勉強していきましょう!

 

ここからは校舎からのお知らせです。

東進ハイスクール千歳船橋校では今、無料体験授業を実施しています。

東進の授業を一度体験してみたい!という方は是非気軽に校舎にお越しください。

お申込みはコチラ

 

最新記事一覧

過去の記事